栄養素の乱れが体調不良の原因を作ります。
栄養外来 ※医療広告ガイドラインの限定解除に基づく表記です。

ご予約はこちら

※基本的にご予約はインターネットからお願いしております。

〜栄養外来ご予約の方はこちら〜
(初診・再診)(来院・オンライン)を選んでください。

栄養外来予約をする

〜初回無料カウンセリングはこちら〜
栄養外来を予約する前に、初回のみカウンセリングを受けたい場合はこちらから予約をお願いします。通常5,000円のところ、開院記念で期間限定で無料で行っております。お早めにご検討下さい。無料相談が終了していた場合は、ご容赦下さい。お急ぎの場合は、栄養外来の初診予約をお願いします。院長公式LINEで、次回の無料相談のご案内をしますので、ご希望の方は、登録のうえお待ち下さい。公式LINE登録はこちらから

無料相談予約する

まずは、メールでご相談されたい方は以下よりお願いします。

メールで相談する

当院では、検査だけの受付を行っています。ご希望の方は以下よりお願いします。

検査のみ希望する

その不調は栄養バランスの崩れが原因かも

何か体調不良があって、病院に行ってみて検査を受けてみたけれど、問題ないと言われ途方に暮れてしまったことはありませんか?
特に、疲れる、頭が働かない、眠れないなどの不定愁訴と言われるものほど、異常なしと言われてしまうことが多いです。
その原因を、栄養バランスの崩れと考えると、突破口が見つかるかもしれません。

なぜ、栄養のバランスが大事なのでしょうか

私達の体は、食べているものでできている

このような、有名な言葉があります。

考えてみたら、至極当然ですが、現代医療において、欠けている視点でもあります。

私達を構成している、臓器や細胞といったものは、食べたものを消化・吸収してできたものです。

ということは、臓器や細胞の働きを向上させるためには、まずは食べるものに気を配る必要があります。

食べるものによっては、臓器に炎症を起こしてしまったり、腸内環境を荒らしてしまったり、体内に有害金属を蓄積させてしまったり、私達が気づかない間に体に負担をかけてしまっていることが多いのです。

臓器や細胞の働きが向上すれば、慢性疲労をはじめとした不定愁訴と言われる症状の改善の糸口が見つかるかもしれません。

ですので、まずは、自分の体の栄養バランスがどうなっているのかをチェックすることが大事になってきます。

栄養バランスをチェックするメリットとは

西洋医学の検査では、問題がないと思われていた検査結果においても、分子栄養学的な見方をすることで、実は体調不良の原因の検討がつくことがあります。

例えば、血液検査を分子栄養学的な見方をすることで、

・腸内環境の悪化
・ビタミンB群の不足
・交感神経が緊張しているかどうか
・鉄欠乏があるかどうか
・亜鉛・マグネシウムが足りているかどうか
・低血糖があるかどうか
・体内に隠れた炎症があるかどうか
・メチレーションパターン

などを大まかに把握することができます。

また、さらにバイオロジカル検査という、生体検査を行うことによって、大まかに予想された体の不調をさらに詳しく検査することができます。

検査によって、不調の原因がつまびらかになれば、まずはその悪化を防ぐための手だてを考えることができるようになります。

最終的にはサプリのいらない体になる

よくある、栄養療法のやり方として、足りない栄養素を特定したら、ずっとそれを補充し続けるというものがあります。

ただ、栄養素がなぜ足らなくなっているのかの原因検索をしていないと、いつまでも補充していないとならなくなります。

本来、栄養療法は、最終的にはサプリがいらない体になるというのが目的です。

そのためには、体のどこが栄養吸収の阻害になっているのかという根本原因をつきとめて、そこを塞ぐ必要が出てきます。

そのためには、しっかりと原因検索を行うことで可能になってきます。

当院では

当院では、体調不良の根本原因をつきとめ、なるべくその原因に対処することを治療の課題においています。

そのためには、血液検査やバイオロジカル検査などを組み合わせて原因検索を行うとともに、その一つひとつに対処していきます。

基本的には、食事を改善するということが最も大切になってきますが、さらに治療を加速するためには、サプリメントを有効に使うということもおこなっています。

当院では、種々のバイオロジカル検査や、治療に必要なサプリメントを揃えています。

当院は、表参道駅、原宿駅にほど近く、遠方の方でも通いやすい場所にあります。

対応している疾患

・慢性疲労を引き起こす疾患、副腎疲労など
・ブレインフォグ、脳の霧状態
・精神疾患、うつ病など
・アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など

その他につきましては、お問い合わせをお願いします。

栄養療法のメリットとデメリット

栄養療法におけるメリットとデメリットをお話いたします。

メリット

・対症治療(原因でなく、症状のみを押さえる治療)だけではなく、症状の原因を追究し、根本治療を行います。

・ただ単に病気でないというだけではなく、病気をもたない方と全く同じレベルの健康状態をめざします。

デメリット

・健康保険の適応がなく、全額自費負担になります。
・栄養療法で行う検査は、自分で自宅で行っていただき、送付していただく必要があるものが多く、手間がかかることがあります。
・効果に時間がかかる場合もございます。

栄養療法はいわば、体質改善ともいうべき治療です。体の細胞の入れ替わりのための時間が必要です。栄養状態や免疫状態などを整えるおおよその目安は、胃腸の状態がよい人で3~6ヶ月、完治まで1〜2年です。

迷われている方は、まずはお問い合わせを

とはいっても、実際にどんなことをするのかなかなかイメージがつかないかもしれません。

そのような不安がある方は、まずはお問い合わせをしてみてください。

そして、必要なら、メール相談や期間限定無料相談会を受けてみて、自分の体調が、栄養療法で対処可能なのかどうか相談してみてはいかがでしょうか。

メールで相談する

無料相談予約する

対面診療とオンライン診療の違い

当院では、栄養外来の患者様に利用していただきやすい様に、オンライン診療を行っております。

オンライン診療とは、患者さんはご自宅にいながら、あらかじめ決まった時間に医師・栄養士とインターネット回線を使って診察を受けていただけるシステムです。

栄養外来におきましては、初診ではなるべく対面診察をおすすめしておりますが、初診からのオンライン診療も可能です。

再診の方におきましても、オンライン診療が可能です(ただし、医師の指示がある場合は、実際に来て頂いての診療(対面診療)が必要となる場合があります)。

オンライン診療では、対面診療と同様に、問診・バイオロジカル検査・食事指導・サプリメントの処方・処方箋の郵送を行うことができます。

ただし、オンライン診療においては、採血ができないので、お近くの医療機関で行っていただき、そちらを参考にさせていただくことが可能です。

また、医師の診察が必要な場合も、対面診察が必要になることがあります。

オンライン診療が向いている方

以下の方に向いています。

  • とりあえず体調不良があって、どのようなことが考えられるか話を聞いてみたい方
  • 当院が遠方であるため、通院が困難な方
  • 時期的にクリニックに行くことに抵抗がある方
  • オンライン診療を行うための機材をご自分でセッティングできる方
    カメラ付きのPC又はスマホ又はタブレットと無料アプリ(ZOOMで行います。セッティングに関しましては、それほど難しくはありませんので、ご安心ください。)

検査のみも可能です

医師の診察や、結果の説明がなくても構わないという方は、検査のみを受けていただくことも可能です。

その場合、検査のみの予約をお取り下さい。

検査のみを希望する

予約のご案内

※基本的にご予約はインターネットからお願いしております。

〜栄養外来ご予約の方はこちら〜
(初診・再診)(来院・オンライン)を選んでください。

栄養外来予約をする

〜初回無料カウンセリングはこちら〜
栄養外来を予約する前に、初回のみカウンセリングを受けたい場合はこちらから予約をお願いします。通常5,000円のところ、開院記念で期間限定で無料で行っております。お早めにご検討下さい。無料相談が終了していた場合は、ご容赦下さい。お急ぎの場合は、栄養外来の初診予約をお願いします。院長公式LINEで、次回の無料相談のご案内をしますので、ご希望の方は、登録のうえお待ち下さい。公式LINE登録はこちらから

無料相談予約する

お支払い方法はこちら

以下に挙げる検査やサプリメントは全てが必要となるわけではなく、患者さんの症状や金銭面などを考慮してご相談いたします。

価格表

診察料

初診料
22,000円
再診料(食事指導付き)
11,000円
食事指導(現在通院中の患者さんのみ)
30分 4000円
治療方針&検査結果レポート
22,000円

検査費用(血液)

血液検査基本セット(53項目)
11,000円
血液検査基本セット(53項目)+甲状腺、ペプシノーゲン、ピロリ菌、ビタミンD
24,000円
セルロプラスミン、銅、亜鉛
3,400円
ホモシステイン
3,500円
TSH、FT3、FT4
4,400円
ペプシノーゲン
3,400円
H.P(ヘリコバクターピロリ)
1,100円
25-OH ビタミンD 
5,500円
脂肪酸4分画(EPA/AA比含む)
3,800円
感染セット(ムンプス・麻疹・風疹・ヘルペス)
8,000円
IgA、IgE、IgM、非特異型IgG
8,000円

腸内環境をみる検査

GIMAP
52,800円
総合便検査 CSA
66,000円
食物アレルギー検査
36,000円
有機酸尿検査
38,500円
SIBO検査
55,000円
便中カルプロテクチン
5,500円

副腎疲労をみる検査

コルチゾールセット(唾液・血中・ACTH)
25,600円
唾液コルチゾール検査 (4回)
22,000円
唾液コルチゾール検査 (6回)
33,000円
24時間尿中ホルモン検査
55,000円
ホルモンセット(E2、プロゲステロン、テストステロン、DHEA-S)
13,530円
血中DHEA-S
5,500円
抗核抗体
1,400円

デトックス検査

有機酸尿検査
38,500円
マイコトキシン検査
56,000円
毛髪ミネラル検査
19,500円

サプリメント値段

サプリメント値段

グルタチオン
7,700円
リバーニュートリエンツ
4,320円
八重山クロレラ
5,000円
ミセルビタミンA
3,240円