篠原

悪性腫瘍、がんのための高濃度ビタミンC点滴についてのページです。

がんや、悪性腫瘍を治療、予防目的の方に、高濃度ビタミンC点滴をお勧めします。

高濃度ビタミンC点滴をお勧めする理由

一定以上に、血液中のビタミンC濃度が上昇すると、過酸化水素が発生します。

過酸化水素は、正常細胞に影響を与えず、その代わりがん細胞を細胞死に誘導します。

ビタミンCは、ブドウ糖と構造が似ていて、がん細胞はブドウ糖を多く取り込みやすいので、選択的にがん細胞に効きやすいという理由になります。

そして、治療濃度として、350~400 mg/dlにビタミンC濃度が達すると、強い抗腫瘍効果が発揮されます。

この濃度は、経口のビタミンCでは、到達できず、ビタミンCを点滴することによってのみ可能になります。

抗腫瘍効果以外にも、精神的なストレスを緩和、免疫力を高めるなどの副次的な効果があり、がんの治療には、とても向いていると考えます。

高濃度ビタミンC点滴の歴史

1970年代に、ノーベル賞を受賞した、ライナス・ポーリング博士らによって、ビタミンCの点滴や経口摂取によって末期がんの患者さんの予後を改善する、という医学論文が発表されました。

ところが、メイヨークリニックの研究では、点滴ではなく、経口摂取のビタミンCで効果がなかった、という試験が発表されたことにより、この治療が否定されました。

しかし、2005年と2006年に、アメリカの国立衛生研究所(NIH)などにより、高濃度ビタミンんC点滴が有効であったという症例が発表され、高濃度ビタミンC点滴が見直されてきています。

現在は、高濃度ビタミンC点滴と各種癌腫に対しての臨床試験が行われている段階です。

高濃度ビタミンC点滴は、このような方にお勧めします。

  1. 標準的がん治療が無効もしくは効果が低い
  2. 標準的がん治療の効果をより確実にしたい
  3. 標準的がん治療の副作用を少なくしたい
  4. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長したい
  5. 標準的がん治療ではなく代替治療を受けたい
  6. がんを予防したい

もちろん、有効な抗がん治療や、放射線治療、外科治療がある場合は併用をお勧めしています。

適応となる疾患

胃がん・大腸がん・直腸がん・肝臓がん・膵臓がん・腎臓がん・肺がん・脳腫瘍・前立腺がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん・膀胱がん・血液腫瘍など

注意点:

  • G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方は治療を受けることができません。
  • G6PD欠損症がある場合は、必ず主治医に告げてください。
    日本人の約0.1%~0.5%が、G6PD活性が低いと報告されています。その方が50g以上の高濃度ビタミンCの点滴を受けると溶血発作を起こす危険があります。
  • 25g以上のビタミンC点滴を行う前に必ずG6PDの検査が必要となります。
  • 腎不全や透析中の方は、この治療を受けることができません。
  • 心不全、大量の胸水、強い浮腫のある方は、点滴をすることで体内に水分が貯留してしまうため、病状が悪化する可能性があり、当治療ができないことがあります。

副作用について

アメリカのカンザス州にある、リオルダンクリニックは、高濃度ビタミンC点滴によるがん治療を確立したことで有名な医療機関です。

このクリニックで経験のある副作用は軽微で、副作用による死亡例はありません、

  1. まれな腫瘍からの出血
    化学療法でもみられる副作用です。
  2. みせかけの高血糖
    点滴終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が実際の血糖値より高値になります。
    インスリン治療中の患者さんは、主治医と相談し、インスリンの量を調整して下さい。
  3. まれな尿管結石
    ビタミンCは尿管結石になりやすいと言われていますが、研究でビタミンC点滴では尿管結石は起こしにくいことがわかっています。

治療法

点滴の量は、最初、12.5gより開始して、徐々に増量していきます。

最終的には、採血で血中ビタミンC濃度が最適になるように調整します。

多くの人では、1回に50g以上の高濃度ビタミンCを点滴することになります。

点滴の頻度は、最初は、週に2回〜3回ぐらいで開始して、安定したら、週に1回程度で継続、後はがんの状態によって、継続します。

がんが消失するようなら、徐々に点滴の頻度を減量していきます。

点滴時間は、約1〜2時間のことが多いです。

使用するビタミンC製剤について

高濃度ビタミンC点滴は厚生労働省が認可した治療法ではありません。

従いまして、自由診療で行うことになります。

国内に流通しているビタミンC点滴には、防腐剤が入っているため、高濃度で用いることができません。

よって当院では防腐剤無添加の韓国(DAEHAN NEW PHARM)社製の高品質アスコルビン酸を使用しています。

価格表

高濃度ビタミンC(12.5g)(20分)8,900円
高濃度ビタミンC(25g) (40分) 11,900円
高濃度ビタミンC(50g) (60~75分) 22,000円
高濃度ビタミンC(62.5g)(75〜90分)26,000円
高濃度ビタミンC(75g)(90分〜105分)29,000円
高濃度ビタミンC(100g)(120~200分)33,000円
G6PD検査(25gを受ける方は初回のみ必要になります。)10,000円
ビタミンC血中濃度測定 5,000円

ご予約はこちらから

当院は完全予約制です。
ご予約はこちらからお願いいたします。