分子栄養学

カビ対策にはカビ毒(マイコトキシン)の配慮も

表参道・原宿の東京原宿クリニック 篠原です。

日本は、高温多湿な環境であるため、カビが生えやすいです。

カビ自体が体内に入るとそれはそれで悪影響を及ぼします。

また、カビはカビ毒(マイコトキシン)を放出して、さらに人体に悪さをすることがあります。

このようなカビ毒は、自覚症状が乏しく、気づきにくいです。

今回は、体調不良の原因となるカビ毒についてお話します。

続きはこちらから

関連記事