分子栄養学

カビ対策にはカビ毒(マイコトキシン)の配慮も

表参道・原宿の東京原宿クリニック 篠原です。

日本は、高温多湿な環境であるため、カビが生えやすいです。

カビ自体が体内に入るとそれはそれで悪影響を及ぼします。

また、カビはカビ毒(マイコトキシン)を放出して、さらに人体に悪さをすることがあります。

このようなカビ毒は、自覚症状が乏しく、気づきにくいです。

今回は、体調不良の原因となるカビ毒についてお話します。

カビ毒とは

カビから出される毒のことをカビ毒といいます。

カビは加熱で死にますが、カビ毒は熱に強いことが多いです。

カビ毒によって、がん、自閉症、疲労、集中力の低下、不眠、頻尿などの、いわゆる不定愁訴をきたします。

なので、なるべく体内に入れない工夫が大事です。

そのため、体内に入る経路を知っておくことが大事です。

東京原宿クリニックでは、体調不良などの症状の期間限定・人数限定の無料相談を行っています(来院もしくは、オンライン)。もし、気になる症状がある方は、お気軽に利用されて下さい(こちらのページから、初回無料カウンセリングの予約を選んで下さい。)もし、無料相談が終了していた場合は、公式LINEで開催のご案内を致しますので、公式LINEに登録の上、募集までお待ち下さい。お急ぎの場合は、総合カウンセリングをご検討ください。

カビ毒が体内に入る経路

大きく分けて、食品と環境からくるものの2つがあります。

1.食品からくるもの

カビ毒の汚染された食物から体の中に入ってきます。

具体的には、ナッツ類、穀類、豆類、乾燥果実などなど、カビ毒に汚染された飼料を食べた家畜類の乳、肉類を食べる時には注意が必要です。

2.環境からくるもの

家の中のカビを放おっておくことは、とても危険です。

例えば、お風呂場、押し入れの中、靴や服、空気清浄機、 特にエアコンのカビなどは、原因としてとても多いです。

カビ毒に対策するには

カビ毒は、体に入れないことが大切です。

特に、日本は高温多湿で、カビが生えやすい環境にあります。

一度体内に入ったカビ毒は、脂肪に溶け込み、とても排出しにくくなります。

カビの生えやすい環境をこまに掃除して、カビの生えてそうな食べものを捨てる、ということを意識してみてください。

海外から輸入された小麦は危険

カビ毒については、農林水産省も気をつけよと言ってます。

農林水産省のページ

その原因となるもので多いのは、小麦です。

海外から輸入された小麦は、赤道を通ってくる間に、カビが生え、カビ自体は調理でなくなっても、カビ毒はそのまま口に入ることになります。

また、小麦が飼料となって家畜にカビ毒が入ることになります。

どうしても、口に入りやすい状況になっているわけです。

小麦はとても原価率が安いために、食産業の要になっているというところもありますね。

カビ毒の種類

多数の種類がありますが、ここでは、アフラトキシンとオクラトキシンの紹介をします。

アフラトキシンは、果物、小麦に含まれていて、発がん性があり、ドーパミンレベルを下げて、パーキンソンに関連します。

オクラトキシンはとても多いです。

穀物、ぶどう、ワインなどに入っていて、やはり癌と関連し、神経疾患の原因となりえます。

オクラトキシンの除去でパフォーマンスが上がる人が多いようです。

以上のことから考えると、頭が働かなくて困っている方、実はカビ毒が原因かも知れませんね。

カビ毒と認知症

なかなかなりたくない病気の一つに、認知症があります。

アルツハイマー病 真実と終焉という本では

従来なかなか手が出せなかった認知症を、栄養などを見直すことで改善できることを示した画期的な本です。

その本では、アルツハイマー病を4つに分類しています。

1型:炎症性
2型:萎縮性
3型:毒物性
1.5型:糖毒性

です。

各型についての詳細は本書に譲るとしまして、カビ毒と関連があるのが3型です。

3型の毒物性が原因である特徴は、比較的若い歳(40代後半くらいから)で、大きなストレスに続いて、算数が不得意になるという性質があります。

このタイプの認知症は、銅や水銀などの有害金属、カビ毒が侵入して、アミロイドが増えてしまうという特徴があります。

つまり、有害金属やカビ毒の侵入を防ぎ、取り除くことが大事になってくるわけです。

認知症を予防するためにも、これらの侵入を防ぐことが大事です。

まとめ

カビ毒は、知らずに体内に侵入して、慢性疲労やブレインフォグなどの不定愁訴をきたしやすい。

日本は高温多湿であるため、環境的にも、体へ侵入しやすい。

また、カビ毒が多い食品も避けるべきである。

最後に(免責)

本記事の内容は、医学的治療に置き換わるものではありません。個人的にお試しになり健康被害が生じても、当院では一切責任を負えませんのでご了承下さい。

病態の改善に必要な食事・サプリメントはひとりひとり異なります。

基本的に、主治医と相談しながら治療を進めていただければと思います。

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

関連記事